傅トウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「傅彤」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

傅 彤(ふ とう、? - 222年)は、中国三国時代蜀漢武将。「傅肜」(ふゆう)とも表記される。荊州義陽郡の人。子は傅僉、孫は傅著・傅募。

劉備に惨敗を喫した夷陵の戦いにおいて、退却する蜀軍の殿を務めた。その際、呉の降伏勧告を受けたが、「漢の将軍が呉の狗に降れるか」と罵って戦死した。その死は、蜀漢滅亡の際に戦死した子の傅僉と共に、後世から称えられた(『季漢輔臣賛』を陳寿が補足した部分より)。

小説『三国志演義』では、劉備が呉に侵攻した時、趙融や輔匡らと共に別督に任じられる。槍の使い手で、各地で呉軍を破るなど活躍するが、正史同様に大敗を喫し、呉軍から降伏勧告を受ける。その際も正史同様に「わしは漢の大将だ。呉の犬めになど降伏するものか」と言って戦死する事になる。