倪サン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
倪瓚から転送)
移動: 案内検索
本来の表記は「倪瓚」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

倪瓚(げいさん、1301年 - 1374年)は、末の画家。元末四大家の一人に挙げられる。

江蘇省無錫出身。富裕な家庭で生まれ仕官することはなかった。形態より気韻を重んじた独自の画風を確立し、山水画で知られた。

作品[編集]

関連項目[編集]

  • 黄公望(元末四大家の一人)
  • 呉鎮(元末四大家の一人)
  • 王蒙(元末四大家の一人)