倪サン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
倪瓚から転送)
移動: 案内検索
本来の表記は「倪瓚」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

倪瓚(げいさん、1301年 - 1374年)は、末の画家。元末四大家の一人に挙げられる。

概説[編集]

江蘇省無錫の富裕な資産家の家庭で生まれ、仕官することはなかった。形態より気韻を重んじた独自の画風を確立し、山水画で知られた。孤高を好み俗人との交流が少なく、潔癖症であるなどの奇抜な振る舞いで知られる。52歳ころ家財を整理して故郷を離れ、元末明初の混乱期を20年もの流寓の生活を送り、74歳で没した。

作品[編集]

関連項目[編集]

  • 黄公望(元末四大家の一人)
  • 呉鎮(元末四大家の一人)
  • 王蒙(元末四大家の一人)