黄公望

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
黄公望

黄公望(こう・こうぼう、1269年 - 1354年)とは中国元朝末期の水墨画家。倪瓚呉鎮王蒙と並び「元末四大家」と賞される。

略歴[編集]

1269年、蘇州(現・江蘇省常熟に生まれる。両親が早世したため、浙江省温州の黄家に養子に出され、黄家で十分な教育を受け育つ。

黄は才能はあったが、元代は士大夫の登竜門であった科挙が不定期にしか実施されず、行われたとしても旧南宋領域の住人(いわゆる「南人」)には著しく不利であったため長らく官に就けず、40歳を過ぎて初めて蘇州の属吏となるも、程なく黄自身は無関係の徴税不正事件に連座して失職し、官界での前途を断たれた。

その後黄は官途に就こうとせず占い師、戯曲家、道士などの遍歴を重ねるが、この間、趙孟頫の知己を得て絵画を志し、50歳を過ぎて本格的な画家活動に入り「九峰雪霽図」などを世に送り出した。

79歳の頃、浙江省富陽に移住、この地で描かれた「富春山居図」は史上最高峰の水墨画として知られている。