仁宗 (西夏)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
仁宗 李仁孝
西夏
第5代皇帝
王朝 西夏
在位期間 1139年 - 1193年
姓・諱 李仁孝
諡号 聖徳皇帝
廟号 仁宗
生年 元徳6年(1124年
没年 乾祐24年9月20日
1193年10月16日
崇宗
漢人
陵墓 寿陵
年号 大慶 : 1140年 - 1143年
人慶 : 1144年 - 1148年
天盛 : 1149年 - 1169年
乾祐 : 1170年 - 1193年

仁宗(じんそう)は西夏の第5代皇帝。崇宗の長男。

生涯[編集]

その治世はとの友好な関係の下、漢人の大臣を登用するなど文化政策に力を注いだ。その結果国内に学校を整備し教育を行い、また科挙を実施して人材登用を進めた。さらに儒教に対しては孔子廟を改修し、仏教ではチベットより僧を招き、多くの仏典を出版させた。この他に翰林学士院を設置して実録を記録させたほか、『新律』や『天盛年改新定律令』と礼楽や律令の整備にも尽力した。

これらの政策は結果として軍事力の軽視につながり、治世晩年は対外戦争で敗戦が続くようになった。また外戚の台頭も認められ、西夏はこれ以降国勢を衰退させていくこととなる。

先代:
崇宗
西夏の第5代皇帝
1139年 - 1193年
次代:
桓宗