主われを愛す

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

主われを愛す(しゅわれをあいす、英語: Jesus loves me,this I know)は日本に最初に翻訳された讃美歌の一つであり、教会学校やキリスト教主義幼稚園でよく歌われる賛美歌である。

歴史[編集]

ちなみに、童謡「シャボン玉」のメロディーがこの讃美歌とよく似ていることから、「シャボン玉」のメロディーはこの讃美歌を参考にして作られたとする見方もある。映画「南京の基督」に挿入された。

原作者は、アナ・P・ウォーナー(1822-1915)である。姉のスーザン・ウォーナーと共にコンステテューション島に住み、アメリカ士官学校の生徒ために、約60年間バイブル・クラスを開いて宗教教育を行った。この賛美歌は1859年に出版された彼女の小説"Say and seal"に挿入されたのが最初である。ウィリアム・ブラッドベリーが1862年に曲をつけて、アメリカ全土に普及して、子供の愛唱歌になった。


登場する作品[編集]

歌詞[編集]

英語の原歌詞[編集]

Jesus loves me! This I know,
For the Bible tells me so.
Little ones to Him belong;
They are weak, but He is strong.
Chorus:
Yes, Jesus loves me!
Yes, Jesus loves me!
Yes, Jesus loves me!
The Bible tells me so.
Jesus loves me! This I know,
As He loved so long ago,
Taking children on His knee,
Saying, “Let them come to Me.”
Chorus
Jesus loves me when I'm good,
When I do the things I should,
Jesus loves me when I'm bad,
Though it makes Him very sad.
Chorus
Jesus loves me still today,
Walking with me on my way,
Wanting as a friend to give
Light and love to all who live.
Chorus
Jesus loves me! He who died
Heaven’s gate to open wide;
He will wash away my sin,
Let His little child come in.
Chorus
Jesus loves me! Loves me still
Tho' I'm very weak and ill;
That I might from sin be free
Bled and died upon the tree.
Chorus
Jesus loves me! He will stay
Close beside me all the way;
Thou hast bled and died for me,
I will henceforth live for Thee.
Chorus

歌詞大意[編集]

イエス様が私を愛していることを私は知っています。
なぜなら聖書がそのように教えているからです。
主のものである私たちは弱いです。
しかし、主は強くおられます。
コーラス:

そうです、イエス様は私を愛しています。
そうです、イエス様は私を愛しています。
そうです、イエス様は私を愛しています。
聖書はそのように教えてくれます。

イエス様が私を愛していることを私は知っています。
イエス様が遠い昔に愛した時のように愛してくれています。
今でも子供である私たちをひざの上にのせ
「人々を私のもとに来させよ」とおっしゃいます。
コーラス
私がするべき善い行いに励むとき
イエス様は喜んで愛を注いでくださいます。
私が悪い行いをするときにも
イエス様悲しみながらも愛を注いでくださいます。
コーラス
イエス様は今も私を愛してくださいます。
私の歩む道を共に歩いてくださり、
生けるものすべてに愛と光を与える友達でありたいと願われています。


コーラス
イエス様は私を愛しています。
イエス様は死んで天国の扉を大きく開いてくださいました。
私の罪を洗い清め、子供である私たちを天国に導きます。


コーラス
イエス様は今でも私を愛しています。
私は弱くて病んでいるけれども、
そんな私を罪から解放するために
十字架の上で血を流し、死んでくださいました。
コーラス
イエス様は私を愛しています。
これからもあらゆる時に私のそばにおられます。
あなたは私のために血を流し、死んでくださいました。
だから、これから私はあなたのために生きます。
コーラス

所収[編集]

日本語への最初の翻訳[編集]

エスワレヲ愛シマス。
サウ聖書申シマス。
彼レニ子供中。
信スレハ属ス。
ハイエス愛ス。
ハイエス愛ス。
サウ聖書申ス。
エスワカタメニ。
天ノ御門ヒラキ。
ソノチニヨレリ。
ハイエス等。[1]

参考文献[編集]

  • 『賛美歌略解(歌詞の部)』日本基督教団出版局、1954年

脚注[編集]

  1. ^ 小野静雄『日本プロテスタント教会史(上)』125ページ