中央図書館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中央図書館(ちゅうおうとしょかん)は、ある地域・分野内の図書館のうちで中心的な役割を果たす図書館を指す。

かつて中央図書館は法定されていた。1933年昭和8年)に公布された改正図書館令第10条では「地方長官ハ管内ニ於ケル図書館ヲ指導シ其ノ聯絡統一ヲ図リ之ガ機能ヲ全カラシムル為文部大臣ノ認可ヲ受ケ公立図書館中ノ一館ヲ中央図書館ニ指定スベシ」と規定され、帝国図書館の指導監督の下に各府県に1つの中央図書館が指定された。1950年昭和25年)図書館法により制度としての中央図書館は廃止された。

多くは、日本の公共図書館の中心的図書館につけられる。

日本の公共図書館[編集]

渋谷区立中央図書館(東京・原宿

アメリカの中央図書館[編集]