上腕骨顆上骨折

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

上腕骨顆上骨折(じょうわんこつかじょうこっせつ、英:supracondylar fracture)は、上腕骨の遠位部の骨折である。

伸展位で手をついた際に起こる事が多く、「転んで子供のひじが変形した」という訴えが多い。合併症としてVolkmann拘縮、内反肘変形、橈骨神経麻痺、正中神経麻痺などが挙げられる。

関連項目[編集]