ヴェルナー図法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴェルナー図法による世界地図.

ヴェルナー図法(ヴェルナーずほう)は地図投影法の一種であり、正積な擬円錐図法である。ヴェルネル図法、スタブ-ヴェルナー図法、スタビウス-ヴェルナー図法、ワーナー図法、ヴァルトゼーミュラー図法などとも呼ばれる。

ヨハネス・スタビウスにより1500年頃発案され、マルティーン・ヴァルトゼーミュラーが1507年に使用、ヨハネス・ヴェルナーにより1514年に紹介された。

地球の半径を1、中央経線上の縮尺を1とする場合、緯度\phiの緯線は、北極を中心とし北極からの離角に比例する半径\pi/2-\phiの同心円弧であるが、緯線の長さは地球上での実長に合わせた2\pi\cos\phiとし、経度はこれに比例配分させる。したがって正積である。ボンヌ図法の標準緯線を極点にとったものと一致する。正距方位図法とも似た点があり、中心となる極点から各地点への距離が正しい。

参考文献[編集]

関連項目[編集]