ワールドカフェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ワールドカフェ英語: The World Café)は何人かの会議での討論のやり方(ファシリテーション)の一形式で、与えられたテーマについて各テーブルで数人がまず議論し、次にテーブルホスト以外は他のテーブルへ移動し、そこのホストから前の議論のサマリーを聞いてからさらに議論を深め、これを何回か繰り返した後に、各テーブルホストがまとめの報告を全員にする方法である。参加者が少人数で自由に発言をしながら、他の人々の様々な意見にも耳を傾ける機会を増やすやり方である。

ワールドカフェは1995年にアメリカ合衆国のファニータ・ブラウン(Huanita Brown)とデイヴィッド・アイザックス(David Isaacs)が偶然の機会に行なう状況になり始まったといわれている。 [1] 日本でも様々な機会に利用されるようになってきている。 [2]

脚注[編集]

  1. ^ ワールドカフェの歴史
  2. ^ 工場経営者会議(日本能率協会)

参照項目[編集]

外部リンク[編集]