ワニア・モンテイロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ワニア・モンテイロ(Wania Monteiro1986年8月9日 - )は、カーボベルデの出身の女子体操選手[1]サンティアゴ島サンタ・カタリーナで生まれ、しばらくの間は首都であるプライアで暮らしていた。エレーナ・アトマチェワのもとで体操を始めたもののカーボベルデ国内には体操のための十分な施設が整っておらず、低い天井の荒廃したジムで練習していた[2]。その後はより良い環境と勉強のためにアメリカに移住した。

2004年アテネオリンピックではカーボベルデ初となる体操選手、またカーボベルデの歴代でも最も若い選手として新体操競技に出場した[3]。また、開会式では選手団の旗手を務めた。2006年にはアフリカ体操選手権大会に出場し、金メダルを1枚、銅メダルを3枚獲得している。2008年には2度目となるオリンピックの北京オリンピックに出場し、新体操競技に出場したほか再び開会式選手団の旗手を務めている[4]

出典[編集]

  1. ^ sports-reference.com
  2. ^ "Beaten, But Not Defeated", Time, August 30, 2004
  3. ^ About competitors in Athens, Fédération Internationale de Gymnastique
  4. ^ List of flagbearers, Beijing 2008

外部リンク[編集]