ワイル・フェリックス反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ワイル・フェリックス反応(ワイル・フェリックスはんのう、: Weil-Felix test)とは、リケッチア感染症の患者に対する臨床診断試験のこと[1]

概要[編集]

リケッチア感染症患者の血清はその疾患に応じてプロテウス属のOX-19株、OX-2株、OX-K株に対する凝集素を持つ[1]。これはリケッチアとプロテウスの間に共通抗原をもつことによる[1]。その性質を利用して臨床診断試験に応用したものがワイル・フェリックス反応である[2] 。特異性が十分ではないため、現代では蛍光抗体法ELISA法にとってかわられつつある[1]。チェコのオーストリア人医師ワイルとポーランド生まれのイギリス人細菌学者であるフェリックスにより開発された[3]

反応[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 南山堂医学大辞典 第12版 ISBN 978-4525010294
  2. ^ Walker, DH and DH Bouyer. Rickettsia and Orientia. In: Manual of Clinical Microbiology, 9th Edition. 2007. ASM Press:Washington, DC. p. 1042
  3. ^ Cruikshank, R. The Weil-Felix reaction in typhus fever. 1927. J Hyg (Lond) 27(1): 64-69.

関連項目[編集]