ローレンス・ライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローレンス・ライト
Lawrence Wright
Lawrence Wright cropped.jpg
誕生 Lawrence Wright
1947年8月2日(67歳)
職業 作家、映画脚本家
国籍 アメリカ合衆国の旗アメリカ合衆国
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ローレンス・ライトLawrence Wright1947年8月2日 – )は、アメリカ人作家、映画脚本家である。

テュレン大学(en:Tulane University)で学んだ。

2007年にピューリッツァー賞を受賞した。

また、エドワード・ズウィック監督の映画『マーシャル・ロー』(1988)の共同脚本を担当した。

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • City Children, Country Summer: A Story of Ghetto Children Among the Amish (1979)
  • In the New World: Growing up in America, 1964-1984 (1987)
  • Saints and Sinners (1993)
  • Remembering Satan: A Tragic Case of Recovered Memory(『悪魔を思い出す娘たち ― よみがえる性的虐待の「記憶」』) (1994)
  • Twins: And What They Tell Us About Who We Are (1999)
  • God's Favorite: A Novel (2000)
  • The Looming Tower:Al-Qaeda and the Road to 9/11(『倒壊する巨塔 <上><下> ― アルカイダと「9.11」への道』) (2006)

日本語訳された作品[編集]

  • 『悪魔を思い出す娘たち ― よみがえる性的虐待の「記憶」』稲生平太郎、吉永進一共訳、柏書房、1999年
  • 『倒壊する巨塔 <上><下> ― アルカイダと「9.11」への道』平賀秀明訳、白水社、2009年