ロレンツォ・ダ・ポンテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Lorenzo da Ponte.jpg

ロレンツォ・ダ・ポンテLorenzo Da Ponte, 1749年3月10日 - 1838年8月1日)は、イタリア詩人で台本作家。モーツァルトの3つのオペラの台本を書いたことで知られている。

生涯[編集]

ダ・ポンテはヴェネト州のチェネダでユダヤ人の家系に生まれた。元の名前はエマヌエーレ・コネリアーノ(Emanuele Conegliano)であった。

1763年に一家はキリスト教に改宗して、洗礼を行った司教ロレンツォ・ダ・ポンテの姓を名乗り、エマヌエーレの名前をロレンツォとした。ダ・ポンテはのちに聖職に就き、ヴェネツィアで暮らした。しかし、放蕩生活を送ったために1779年にヴェネツィアから追放された。ウィーンに移住したダ・ポンテは、アントニオ・サリエリの口利きによって台本作家としての能力を認められ、ヨーゼフ2世の宮廷で詩人としての職を得た。何年もの間、オペラのイタリア語台本を作成する仕事を続け、さまざまな音楽家に膨大な数の台本を提供して成功を収めた。

モーツァルトとの共同作業で代表作となる3つのオペラを作ったのは次の年である。1786年フィガロの結婚』(原作ボーマルシェ)、1787年ドン・ジョヴァンニ』(台本にはジャコモ・カサノヴァも協力した)、1790年コジ・ファン・トゥッテ』。

1790年にヨーゼフ2世が死ぬと、宮廷の中で不興を買い、1791年にウィーンを去らなければならなくなった。人気を失ったダ・ポンテは、1792年から1805年までロンドンで過ごした。そののちアメリカに渡り、フィラデルフィアを経てニューヨークに落ち着いた。コロンビア大学の最初のイタリア文学教授に就任し、イタリア語およびイタリア文学の教育に献身し、さらに最初のオペラ劇場を設立しようと努力したが、不首尾に終わった。1823年から1827年まで4巻の『回想録』を出版し、1829年から1830年には決定稿が作成された。また、詩人としての才能を攻撃する中傷文書『反ダ・ポンテ』も出版された。1829年の「ドン・ジョヴァンニ」アメリカ初演には、80歳の高齢にもかかわらず出席している。

ダ・ポンテを題材にした作品[編集]

ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い(原題:Io, Don Giovanni
2009年イタリアスペイン合作映画(監督:カルロス・サウラ、主演:ロレンツォ・バルドゥッチ
ダ・ポンテのキリスト教への改宗から『ドン・ジョヴァンニ』の完成までを、主に『ドン・ジョヴァンニ』の制作過程を中心に描いている。

参考文献・外部リンク[編集]

  • アルフレート・アインシュタイン『モーツァルト - その人間と作品』 浅井真男訳、白水社、1961年、573頁
  • Da Ponte, Lorenzo encyclopedia.com(英語)
  • 『回想録』 Vol.1-2 (1918)、Scrittori d'Italiaで本文が読める