ロマン・ビュシーヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロマン・ビュシーヌRomain Bussine, 1830年 - 1899年 パリ)は、19世紀フランス詩人で、パリ音楽院声楽科の教授であった。

1871年カミーユ・サン=サーンスアンリ・デュパルクと共同して、同時代のフランスの室内楽管弦楽曲を普及させるための拠点として「国民音楽協会」を設立した。後に、外来の音楽を上演すべきかをめぐる論争から、1886年サン=サーンスとともに共同総裁から降りた。

ガブリエル・フォーレはビュシーヌの詩のいくつかに曲付けをしており、中でも《夢のあとにAprès un rêve)》は名高い。