ロベール・マレ=ステヴァン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロベール・マレ=ステヴァン: Robert Mallet-Stevens1886年3月24日 - 1945年2月8日)は、フランスの建築家。1920年代から1930年代にかけて、主にフランスにおいてモダニズム作家として知られている。パリ生まれ。

建築家としてはル・コルビュジエと同世代で、1929年にはコルビュジエやシャルロット・ペリアンピエール・ジャンレジャン・プルーヴェらとともに、現代芸術家協会UAMを設立。会長となる。当時のアール・ヌーヴォーに対する装飾批判に賛意を示し、金属フレームや鉄筋コンクリート造の近代的な建築を手がけているが、実作では伝統的な装飾も一部取り入れながら機能性を重視しているものが多いことから、彼のデザインはモデルヌ、と表された。

父親はモーリス・マレというパリやベルギーで著名なアートコレクターで、ロベールも若い頃から美術に接する生活を送っている。1905年から、エコール・スペシャル・ダルシテクチュール(École Spéciale d'Architecture)に学ぶ。1924年には同校の教授にも就任している。

建築以外にも映画のセットを手がける。1923年、前衛映画『イニューメン、非情の女』の、1929年『サイコロ城の秘密(Les Mystères du Château de Dé )』の城の舞台美術を担当。

1925年に開催されたパリ万国博覧会「アールデコ博」では、『コンクリートの木』と名付けられたオブジェを配した小庭園をジョエル・マルテルらと出展。

1926年から、代表作のパリのマレ・ステヴァン通りの集合住宅6戸(Hotels particuliers de la rue Mallet-Stevens) を手がける。これはパリ16区のオートゥイユ地区に、友人の住宅と自身の事務所を設計したもの。ここはステヴァン自身が開発した私道で、建物は白く平滑な立方体を組合せて構成されている。

その他に椅子のデザインも手がけている。1932年に別荘のキッチンファニチュアとしてデザインしたスタッキングチェアCROIXや、1935年にパリで開催された「サロン・デザール・メナージュ」用に制作、代表作となるステヴァンチェアC(モデルC)などがある。CROIXは現在、ヴィトラ社のデザイン・ミュージアムのコレクションにも所蔵されている。

その他建築作品に、ポール・ポワレ別邸 (1925年)、スーラ通りの住宅群(1926年)、ライフェンベルク邸(1927年)、シャルル・ド・ノアイユ別邸 (1928年)、Villa Cavrois(1932年)などがある。

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

  • 幾何学構成論 X VI : ロベール・マレ=ステヴァンの設計手法に関する研究・2
  • ROBERT MALLET-STEVENS L'œuvre complète マレ・ステヴァン全作品集. Centre Pompidou. 2005
  • 「フランス映画史」白水社
  • 「フランス映画のあゆみ」七曜社
  • 「世界の映画作家29、フランス映画史」 キネマ旬報社
  • ジョルジュ・サドゥール、丸尾定、村山匡一郎、小松弘訳「世界映画全史9、無声映画芸術の成熟」国書刊行会
  • 「映画のあゆみ―世界映画史入門」泰流社
  • 「パリ・1920年代、シュルレアリスムからアール・デコまで」丸善ライブラリー
  • 「山田宏一のフランス映画誌」ワイズ出版
  • エミール・ゾラ、山田稔訳「ナナ、世界文学大系37ゾラⅡ」河出書房新社
  • 「ジャン・ルノワール、越境する映画」青土社
  • 「映画学」紀伊国屋書店
  • 「フランス映画史の誘惑」集英社新書
  • 「グレイト・アーチスツ、印象派の魅力」同朋社出版