ロドニー・ヒルトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロドニー・ハワード・ヒルトンRodney Howard Hilton1916年11月17日 - 2002年6月7日)はイギリス歴史家マルクス主義史学の立場に立って、イギリスやフランスなどの中世後期について研究した。

マンチェスター生まれ。オックスフォード大学ベリオール・カレッジで学び、エドワード・P・トムスンらと共に共産党歴史家グループの一員として活躍した後、バーミンガム大学に迎えられ、36年にわたって教授した。

主要著作[編集]

  • 1947年 The economic development of some Leicestershire estates in the 14th & 15th centuries.
  • 1950年 Communism and Liberty.
  • 1950年 (H・フェイガンと共著)The English rising of 1381. 田中浩武居良明訳『イギリス農民戦争--1381年の農民一揆』未來社、1961年
  • 1966年 A medieval society : the West Midlands at the end of the thirteenth century.
  • 1969年 The decline of serfdom in medieval England. 松村平一郎訳『中世イギリス農奴制の衰退』早稲田大学出版部、1998年
  • 1973年 Bond Men Made Free: Medieval peasant movements and the English rising of 1381.
  • 1975年 The English Peasantry in the Later Middle Ages.
  • 1976年 (編)Peasants, knights, and heretics : studies in medieval English social history.
  • 1976年 The Transition from Feudalism to Capitalism.
  • 1983年 Class Conflict and the Crisis of Feudalism.
  • 1990年 The change beyond the change : a dream of John Ball.
  • 1992年 English and French towns in feudal society : a comparative study. 瀬原義生訳『中世都市--英仏比較論』刀水書房、2000年
  • 1992年 Power and jurisdiction in medieval England.

他、訳書として吉田静一、武居良明訳『封建制の危機』未來社、1956年がある。

関連文献[編集]

  • Social relations and ideas : essays in honour of R.H. Hilton (edited by T.H. Aston) (1983)

ヒルトンの未発表草稿がバーミンガム大学図書館に保管されている。