ロクサーヌ・シャンテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロクサーヌ・シャンテRoxanne Shanté、本名: ロリータ・シャンテ・グッデン(Lolita Shanté Gooden)、1969年11月9日 - )、は、アメリカヒップホップ界、女性ラッパーにおける先駆者。ニューヨーク州クイーンズに生まれ、公営クイーンズブリッジ住宅で育った。1984年の『ロクサーヌ・リベンジ』がニューヨーク界隈だけでも25万枚を超えるヒットを収め、それをきっかけとしてヒップホップ界に確たる地位を確立した。

彼女のラッパーとしての経歴は14歳のときに始まる。あるとき彼女は、ティローン・ウイリアムス、DJのミスターマジック、音楽プロデューサーのマーリー・マールの3人が、UTFOというグループが自分たちの企画したイベントを途中ですっぽかして帰ったという話をしているのを偶然耳にした。そこでシャンテは彼らに、UTFOの最新ヒットであり、メンバーの誘惑を無視した女性についての曲『ロクサーヌ、ロクサーヌ』に答える曲の録音を行わせてくれないかと頼んだ。3人はその申し出を受託し、結果『ロクサーヌ・リベンジ』が世に出ることになった。

UTFOに対して挑戦的で、ちょっとした物議を醸すこの楽曲によって彼女は一躍ヒップホップ界の新星となった。また同時に、ロクサーヌ戦争と呼ばれるラップを通じた対立が巻き起こった。この後、この偶然の出会いがきっかけで、音楽プロデューサーであり、ヒップホップの歴史において最も影響力の強い人物であるマーリー・マールが彼女のトラックの殆どを提供していくことになる。

MCとして、シャンテは1曲通して、のびのびと即興ラップを行うことができるという非凡な才能を持っていた。即興一発で録音を終えたと言われている『ロクサーヌ・リベンジ』は、その典型であった。

ただし、UTFOがこのときの録音に自分たちのトラックが使われたことに対して告訴したので、オリジナル版が再録音された。殆どの人々が聞きなれているのは、1984年に発売されたこの再録音版である。

1990年には、リック・ジェームスとの競演作『ルーシーラップ』がヒットを収め、2000年にはイギリス人音楽プロデューサーのメコン提供のトラックで『ワッツゴインオン』を発表した。1990年後半には、スプライトのCMシリーズに出演を続け、同時に若い女性ラッパーの育成に寄与した。

しかしその後、著作権問題、音楽性の相違、減給処分、自身の妊娠など様々な出来事が起こり、ロクサーヌ・シャンテは異なる方向に歩むことを決意する。そして他のアーティストの楽曲への客演を除き、25歳で音楽業界からの引退を決意した。その後、心理学の博士号を修め、クイーンズに戻った。現在では評判の高い心理学者として生活しており、メディアなどに露出する場合、ロクサーヌ・シャンテ博士という呼称を希望している。現在、彼女は結婚しており、2人の子供の母である。

外部リンク[編集]