レオン・ヘンキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レオン・ヘンキン

レオン・ヘンキンLeon Henkin1921年4月19日2006年11月1日)はアメリカ合衆国数学者論理学者カリフォルニア大学バークレー校数学科教授。「ヘンキン版一階述語論理意味論完全性の証明」で知られる。

完全性の証明[編集]

ゲーデルが1929年に初めて述語論理の完全性を証明したが(→ゲーデルの完全性定理)、ヘンキンは1949年にもっと簡潔な方法を発表した。この方法は初等クラスや入門書ではスタンダードな方法になっている。ヘンキンはもともとチャーチ高階述語論理の完全性を証明したが、同じ方法が述語論理にも応用できることに気づいた。

生涯[編集]

ヘンキンはブルックリンでユダヤ系ロシア移民の家庭に生まれた。哲学と数学の学士号と修士号をコロンビア大学で取得。プリンストン大学アロンゾ・チャーチのもとで博士号を取り、カリフォルニア大学バークレー校にポストを得た。タルスキと共同で仕事をしたこともある。

参考文献[編集]

  • Henkin, Leon. 1949. "The Completeness of the First-Order Functional Calculus", The Journal of Symbolic Logic|Journal of Symbolic Logic. 14: 159–166.
  • Henkin, Leon. 1950. "Completeness in the theory of types", Journal of Symbolic Logic 15: 81–91.

外部リンク[編集]