レオニード・レイマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロシアの旗 ロシアの政治家
レオニード・レイマン
Леонид Дододжонович Рейман
Vladimir Putin 23 January 2001-4.jpg
レオニード・レイマン(右)
生年月日 1957年7月12日(57歳)
出身校 レニングラード電気接続大学
配偶者 ユリヤ・ペトローヴナ・レイマン

任期 1999年 - 2008年5月
テンプレートを表示

レオニード・ドドジョーノヴィチ・レイマンロシア語: Леонид Дододжонович Рейман、ラテン文字表記の例:Leonid Dododzhonovich Reiman1957年7月12日 - )は、ロシア通信専門家、企業家、政治家サンクトペテルブルクラジオコミュニケーション基金、中央通信博物館の創設者のひとり。1999年から2008年5月まで情報技術・通信大臣を勤めた。

レニングラード電気接続大学を卒業する。1979年レニングラード電話局に勤務、遠距離通信技師、製造局主任を歴任する。1985年レニングラード市電話ネットワーク(ЛГТС)のマネージャー。1988年から1999年までレニングラード市電話ネットワーク開発担当副主任、主任技師、国際連結担当取締役、投資国際関係担当取締役、ペテルブルク電話ネットワーク社第一副社長を歴任した。 1999年7月ロシア連邦国家電信委員会官房長(国家書記)、第一副議長を経て、8月同委議長。同年11月電信委員会の改組に伴い、通信・情報大臣となる。 2000年から2004年通信・情報相。2004年運輸通信省次官。同年5月20日情報技術・通信相。2008年5月情報技術・通信相を退任し、大統領顧問となった。

ロシアの携帯電話最大手、メガフォン社のオーナー。私生活ではユリヤ・ペトローヴナ夫人との間に一男一女がいる。

先代:
(初代)
ロシア情報技術・通信相
1999年 - 2008年
次代:
イーゴリ・シチョーゴレフ