レーモン3世 (トリポリ伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
レイモンド3世から転送)
移動: 案内検索
レーモン3世
Raymond III
トリポリ伯
在位 1152年 - 1187年
別号 トリポリ伯
出生 1140年
死去 1187年
トリポリ
配偶者 エスティヴァ
父親 レーモン2世英語版
母親 オディエルヌ
テンプレートを表示
Raymond of Tripoli seal.jpg

レーモン3世(Raymond III, 1140年 - 1187年)は、トリポリ伯。母オディエルヌはエルサレム王ボードゥアン2世の娘[1]。1064年、アルターの戦闘で捕虜となり、10年間牢につながれた。解放後の1174年、ゴーティエ・ド・サントメールの寡婦でガリラヤ女公(ティベリアス領主)のエスティヴァ[2]と結婚し、ティベリアスを領地として得た[3]。当時、フランク人でもっとも賢明な人物といわれ[4]、1174年にエルサレム王ボードゥアン4世(従兄の子にあたる)の摂政となり、のちにその甥で後継者のボードゥアン5世の摂政も務めたが、1186年、ボードゥアン5世の死後エルサレム王位についたギー・ド・リュジニャンと対立した。1187年春にサラディンが侵攻した際には、独断で休戦協定を結んだが、その後ルノー・ド・シャティヨンやテンプル騎士団総長ジェラール・ド・リドフォールがムスリムを襲撃し、休戦は破棄された状態となった。同年7月2日、サッフリーヤに陣をかまえる十字軍国家のフランク軍をおびき出すため、サラディンはレーモンの妻とその子(前夫との息子)のいるティベリアスを攻撃した。7月4日、フランク軍はヒッティーンの戦いにおいてムスリム軍に大敗し、エルサレム王ギーやルノーは捕虜となったが、レーモンは先遣部隊を率いてムスリム軍の包囲を突破し、逃げ切ることができた[5]。しかし、レーモンはその後まもなくしてトリポリで病没した。

レーモンと妻エスティヴァの間に子はなく、レーモンはアンティオキア公ボエモン3世の長子レーモン(4世)を養子としてトリポリ伯位の後継者に指名した。しかし、ボエモン3世の意向により、トリポリ伯位はレーモンの弟ボエモン4世に継承された。レーモン(4世)は父ボエモン3世に先立って死去した。

脚注[編集]

  1. ^ A.ジョティシュキー、p.152
  2. ^ S.Runciman、Genealogical Trees.
  3. ^ 『十字軍全史』、p.62
  4. ^ ジョルジュ・タート、p.112
  5. ^ A.ジョティシュキー、p.162

参考文献[編集]

  • A.ジョティシュキー『十字軍の歴史』刀水書房、2013年
  • Steven Runciman, A History of the Crusades: vol.2 The Kingdom of Jerusalem and the Frankish East 1100-1187, Cambridge University Press, 1987.
  • 新人物往来社 編『十字軍全史』新人物往来社、2011年
  • ジョルジュ・タート『十字軍』創元社、1993年