レイモンド3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レイモン3世
Raymond III
トリポリ伯
在位 1152年 - 1187年
別号 トリポリ伯
出生 1140年
死去 1187年
トリポリ
配偶者 エスティヴァ
父親 レイモン2世英語版
母親 オディエルナ
テンプレートを表示
Raymond of Tripoli seal.jpg

レイモン3世(Raymond III, 1140年 - 1187年)は、トリポリ伯。母オディエルナはエルサレム王ボードゥアン2世の娘[1]。ガリラヤ公の寡婦エスティヴァと結婚したことにより、1174年にティベリアスを領地として得た[2]。当時、フランク人でもっとも賢明な人物といわれ[3]エルサレム王ボードゥアン4世(従兄の子にあたる)およびその甥で後継者のボードゥアン5世を補佐したが、ボードゥアン5世の死後エルサレム王位についたギー・ド・リュジニャンとの派閥争いに敗れ、トリポリで病没した。

脚注[編集]

  1. ^ Steven Runciman, A History of the Crusades: vol.2 The Kingdom of Jerusalem and the Frankish East 1100-1187, Cambridge University Press, 1987. Genealogical Trees.
  2. ^ 新人物往来社 編『十字軍全史』新人物往来社、2011年、p.62
  3. ^ ジョルジュ・タート『十字軍』創元社、1993年、p.112