ループレヒト1世 (プファルツ選帝侯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ループレヒト1世(Ruprecht I., 1309年6月9日 - 1390年2月16日)は、ライン宮中伯(在位:1353年 - 1390年、プファルツ選帝侯としては1356年 - 1390年)。上バイエルン公兼ライン宮中伯ルドルフ1世ドイツ王アドルフの娘メヒティルドの四男。アドルフルドルフ2世の弟。

3番目の兄ルドルフ2世の死により1353年にライン宮中伯を継承した。ライン宮中伯はカール4世金印勅書によって1356年に神聖ローマ帝国の7人の選帝侯の1人に定められたため、以後はプファルツ選帝侯と呼ばれる。

1386年ハイデルベルクに帝国で4番目の大学であるハイデルベルク大学を創立した。この大学は、ループレヒトの名を冠した「ループレヒト・カールス大学ハイデルベルク」(Ruprecht-Karls-Universität Heidelberg)が現在の正式な名称である。

1350年にナミュール伯ジャン1世の娘エリーザベト(1330年 - 1382年)と結婚したが、1382年にエリーザベトに先立たれ、1385年ベルクヴィルヘルム2世の娘ベアトリクス(1360年 - 1395年)と再婚した。どちらの結婚でも子供は生まれず、1390年に80歳で死去した後、選帝侯位は甥で2番目の兄アドルフの子ループレヒト2世が継承した。

先代:
ルドルフ2世
ライン宮中伯
1353年 - 1390年
(1356年以後は選帝侯)
次代:
ループレヒト2世