ルドルフ2世 (ライン宮中伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルドルフ2世(Rudoif II., 1306年8月8日 - 1353年10月4日)は、ライン宮中伯(在位:1329年 - 1353年)。上バイエルン公ライン宮中伯ルドルフ1世ドイツ王アドルフの娘メヒティルドの3男。アドルフの弟、ループレヒト1世の兄。神聖ローマ皇帝ルートヴィヒ4世の甥。

父が叔父ルートヴィヒ4世との争いに敗れて追放、兄も名目上の君主のまま急死、甥のループレヒトは幼い為、後を継いだ。1329年パヴィアで和睦が成立、ルドルフ2世を含むルドルフ1世の子孫のライン宮中伯継承を認められた。しかし、1353年に失明してしまい、間もなく死去した。弟のループレヒト1世が後を継いだ。

家族[編集]

1328年ケルンテン公オットー3世の娘アンナ(1300年 - 1331年)と結婚し、1女をもうけた。

1348年シチリアフェデリーコ2世の娘マルガレーテ(1331年 - 1360年)と再婚した。子供はいない。

先代:
アドルフ
ルートヴィヒ4世
ライン宮中伯
1329年 - 1353年
次代:
ループレヒト1世