ルゼルフの白本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルゼルフの白本(ルゼルフのしろほん、ウェールズ語: Llyfr Gwyn Rhydderch)は、 ウェールズにおける最も有名な写本の一つ。リーゼルッハの白本とも。

書かれたのは14世紀中頃、(ca.1350年)ウェールズ初期の散文を収集した物で、その一部分は現在ウェールズ国立図書館に所蔵されている。

この写本は現在二つに分かれており、ペニアースMS4(Peniarth MS 4)、ペニアースMS5(Peniarth MS 5)として知られる。

ペニアースMS4にはウェールズの物語が記されており、これは後にシャーロット・ゲストによって『マビノギオン』に収録されている。 そして、ペニアースMS5(こちらが写本の最初の部分である)には、ラテン語からウェールズ語に翻訳された、宗教的な文章が綴られている。

参考資料[編集]

  • 'White Book of Rhydderch'. In Meic Stephens (Ed.) (1998), The new companion to the literature of Wales. Cardiff : University of Wales Press. ISBN 0-7083-1383-3.
  • Parry, Thomas (1955), A history of Welsh literature. Translated by H. Idris Bell. Oxford : Clarendon Press.

外部リンク[編集]