ルキウス・コルネリウス・スキピオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルキウス・コルネリウス・スキピオラテン語: Lucius Cornelius Scipio, 紀元前3世紀、生没年不詳)は、共和政ローマの指導者。第一次ポエニ戦争で活躍した。父はルキウス・コルネリウス・スキピオ・バルバトゥス、兄弟にはグナエウス・コルネリウス・スキピオ・アシナがいる。子にグナエウス・コルネリウス・スキピオ・カルウスプブリウス・コルネリウス・スキピオスキピオ・アフリカヌスは孫に当たる。

紀元前259年執政官(コンスル)となると、ローマ海軍を率いてカルタゴ領のコルシカ島を占拠に成功したが、サルディニア島オルビア攻略には失敗した。ローマの公式記録の碑文には彼は凱旋式の栄誉を受けたと伝えられているが、そのような記述は他の碑文では発見されてはいない。次の年、ガイウス・ドゥイリウスと共に検察官(ケンソル)を勤めた。

関連項目[編集]