ルキウス・ウィテッリウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルキウス・ウィテッリウス・ウェテリス(ラテン語:Lucius Vitellius Veteris紀元前5年以前 ? - 51年)は、ローマ帝国ユリウス・クラウディウス朝期の政治家である。

略歴[編集]

父はクァエストル(財務官)を務めたプブリウス・ウィッテリウスであり、4人の兄弟の末の弟に当たる。ティベリウス帝治世下の34年に執政官に選出され、35年からシリア属州総督となった。36年からユダヤ属州総督であったポンティウス・ピラトゥスの後任としてユダヤ属州を治めた。

クラウディウス帝の王妃メッサリナからも信任を得て、43年と47年に再び執政官となった。メッサリナが失脚して、小アグリッピナがクラウディウスの王妃となった後も影響力を維持し、48年(49年とも)にはケンソル(監察官)となった。しかし、元老院から反逆罪で告発され、訴訟中の51年に死去した。死後、ウィテッリウスへの告訴は取り下げられ、国葬とされた。

ウィテッリウスには2人の息子がおり、アウルスは69年に皇帝へ即位、同名のルキウスは48年に執政官へ選出された。