ルイス・フォア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルイス・フォアルイス・ファウア、Louis Faurer、Louis Fourer、1916年8月28日-2001年3月2日)は、ポーランド系のアメリカ写真家。主としてファッション写真、ストリート写真の分野で活躍する。

フィラデルフィアで生まれる。

1930年代には写真を始める。FSAプロジェクトに影響を受ける。

1947年にはニューヨークに移り、ロバート・フランクウォーカー・エバンスに出会う。アレクセイ・ブロドヴィッチリリアン・バスマンのアシスタントもした(ハーパース・バザー)。

その後フリーの写真家となる。ハーパース・バザー、ライフ、ヴォーグ、フレア(Flair)などの多くの雑誌で活躍する。

1970年代末には再評価を受ける。

晩年には、イエール大学などで写真を教えた。

ニューヨークにて没した。

いわゆる「New York School」の代表的写真家とされている。(下記参考文献(Photographers A-Z)参照)

日本での展覧会[編集]

日本でルイス・フォアの大規模な回顧展が開催されたことはない。

海外の展覧会[編集]

  • 2002年の回顧展(Museum of Fine Arts, Houston, Texas)

参考文献[編集]

  • Photographers A-Z, Hans-Michael Koetzle, Taschen, 2011, 978-3-865-1109-4(116ページ)
  • 雑誌『deja-vu (写真)』第16号・特集「ルイス・フォア/写真と猥褻」(1994年5月)
    • ルイス・フォア──黄昏の光とともに
      • 笠原美智子:再発見されたプライヴェート・ヴィジョン
      • ロバート・フランクからのメッセージ
      • ジェーン・リヴィングストン:ニューヨーク派の中のルイス・フォア
      • 中川政昭:写真術のためのテキストブック
      • ナン・ゴールディン:ストリート・シーンが語るもの

外部リンク[編集]