リートベルト法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リートベルト法(リートベルトほう)またはリートベルト解析(リートベルトかいせき)は、オランダの結晶学ヒューゴ・リートベルト (Hugo Rietveld) により考案された結晶構造の解析方法の1つである。

粉末X線回折実験や粉末中性子回折実験により得られる回折パターンを結晶構造やピーク形状などに関するパラメータから計算される回折パターンで最小二乗法を用いてフィッティングすることにより、結晶構造やピーク形状などに関するパラメータを精密化する。

測定された回折強度データと結晶の構造モデルを入力として与え、構造パラメータなどを動かすことで、計算された回折強度と測定された回折強度ができるだけ一致するように精密化する。精密化する結晶構造パラメータは、格子定数、原子の分率座標、原子の各サイトでの占有率、原子変位パラメータである。またこれ以外に、測定方法や試料の状態や装置に由来するパラメータも精密化される。たとえばバックグラウンド、ゼロ点シフト、試料変位パラメータ、試料透過パラメータ、表面粗さパラメータ、プロファイルの対称性に関するパラメータなどである。

結晶の構造モデルをはじめに与える必要があるので、未知の構造を解析することはできない。

関連項目[編集]