リーガル・マインド 裏切りの法廷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リーガル・マインド 裏切りの法廷
The Trials of Cate McCall
監督 カレン・モンクリーフ
脚本 カレン・モンクリーフ
製作 マルク・ベンストック
製作総指揮 ジョー・デイン
ジム・クロック
出演者 ケイト・ベッキンセイル
ニック・ノルティ
ジェームズ・クロムウェル
音楽 ピーター・ナシェル
撮影 アントニオ・カルバーチェ
編集 トビー・イェーツ
製作会社 サンライズ・フィルム
ピットブル・ピクチャーズ
配給 世界の旗Sierra/Affinity
日本の旗プレシディオクロックワークス
公開 ハンガリーの旗2013年11月28日
日本の旗2014年2月22日
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

リーガル・マインド 裏切りの法廷(原題:The Trials of Cate McCall)は2013年のアメリカのドラマ映画である。

あらすじ[編集]

過度のストレスのためにアルコール依存症となってしまった弁護士、ケイト・マッコールは娘の養育権をも失ってしまう。そんな中、彼女に冤罪と思われる女性、レイシーの弁護依頼が舞い込む。

キャスト[編集]

製作[編集]

2012年6月、Sierra/Affinityが本作の全世界配給権を獲得した[2]

また、撮影は2012年5月16日にロサンゼルスで開始された[3] [4]

出典[編集]

外部リンク[編集]