リハルド・ヤコピッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リハルド・ヤコピッチ1869年4月12日リュブリャナ - 1943年4月21日、リュブリャナ)は、スロベニア画家

ヤコピッチは20世紀前半、スロベニア絵画の中心的人物であった。 スロベニアの印象派絵画のスタイルを形成させたのは彼のほかに同年代の作家、マテイ・ステェルネンマティヤ・ヤマイワン・グロハルであった。


主な作品[編集]

Sončni breg 日向の川沿い
Zeleni pajčolan 緑のレース
  • Sončni breg(日向の川沿い) (1903), リュブリャーナ国立美術館
  • Breze v jeseni(秋の樺) (1903), リュブリャーナ国立美術館
  • Kamnitnik v snegu(雪のカムニットニク) (1903), リュブリャーナ国立美術館
  • Zima(冬) (1904), リュブリャーナ国立美術館
  • Pri svetilki(灯火の近く) (1904), リュブリャーナ国立美術館
  • Študija sonca(太陽・習作) (1905), リュブリャーナ国立美術館
  • Križanke(クリジャンケ) (1909), リュブリャーナ国立美術館
  • Spomini(思い出) (1912), リュブリャーナ国立美術館
  • Zeleni pajčolan(緑のレース) (1915), リュブリャーナ国立美術館
  • Večer na Savi(サワ川の夕暮れ) (1926), リュブリャーナ国立美術館
  • Slepec(目の見えない人) (1926), リュブリャーナ国立美術館