リチャード・レイン (俳優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リチャード・レインRichard Lane 1899年5月28日1982年9月5日)、通称ディック・レーンDick Lane)はアメリカ合衆国のテレビアナウンサー、俳優。主にロサンゼルスGrand Olympic AuditoriumからのKTLAレスリングとローラーダービーショーの放送に携わる。

生涯[編集]

初期の活動[編集]

1899年ウィスコンシン州ライスレイクの農場を営む家庭に生まれる。若い頃には、詩を暗唱し、歌や踊りを演じる才能を高めた。10代の頃までに、彼は「鉄のあご」という演目をしてヨーロッパを巡業するサーカスに参加、オーストラリアツアーをするバンドでドラマーとして勤務。ヴォードヴィルの衰退の後、彼は映画の中で多数の仕事を得て、その時Boston Blackieをメインにしたいくつかの作品でFarraday警部役で最も有名だった。

第二次世界大戦中、彼はG.Iたちの前でUSO劇団のMCとして出演。

カリフォルニアのガーディーナのアスコット・パークで、ジャロピー・ダービーとデストラクション・ダービーをのアナウンスもした。

KTLA時代[編集]

パラマウント映画の仕事によってKTLAで仕事を得ることができスタジオに所属。1947年に民間放送が開始されるとニュース・プレゼンターとしての仕事を開始。彼の経歴の初期のハイライトのうちの1つは、テレビニュース放送によって最初の核爆発を報道したことである。

KTLAが1946年にOlympic Auditoriumからレスリングの試合を放送することになると、実況中継として雇われる。1951年にローラーダービー、1960年代にローラーゲームのアナウンスを開始。彼の実況はレスラーのゴージャス・ジョージミスター・モトドクター・グレイブルのようなキャラクターを中心としていた。悪いことがリングや競技場で起こった時、大衆の意見に関係なく感嘆の表現を作った元ABCスポーツ・アナウンサーのキース・ジャクソンとは一線を画していた。彼はKTLAの『Spade Cooley show』の「革のズボン」というキャラクターでもあった。

晩年[編集]

彼が1972年に完全にテレビを引退した後、仕事のオファーのほとんどを承諾しなかったが、ラクエル・ウェルチの映画『カンサスシティの爆弾娘』で重要なカメオ出演をした。1982年9月5日、カリフォルニア州ニューポートビーチで死去。1996年、Wrestling Observer Newsletter Hall of Fameに殿堂入り。

主な出演映画[編集]