リチャード・フランス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リチャード・トーマス・フランス(英語:Richard Thomas France、1938年4月2日 - )は 新約聖書学者で聖公会の教区牧師(Rector)である。彼は、1989年から1995年までオックスフォード大学のウィクリフ・ホール校長であった。彼はまた、ロンドン神学学派(London School of Theology)で働いた。

経歴[編集]

彼は1938年4月2日に生まれた。 ブラッドフォード文法学校(Bradford Grammar School)と オックスフォードのバリオル大学(Balliol College, Oxford)で学び修士号を取った。彼は、ロンドン大学(University of London)で神学士を取り、ブリストル大学(University of Bristol)で哲学博士号を取った。 彼は、ケンブッジで副牧師として仕えた。

  • アイフェ大学(University of Ife)で聖書研究を講義。 (1969年–1973年)
  • ケンブリッジのティンダル・ハウス(Tyndale House)でライブラリアン。 (1973年–1976年)
  • アフマド・ベロ大学(Ahmadu Bello University)宗教研究の上級講義 (1976年–1977年)
  • ティンダル・ハウスのウェルム (1978年–1981年)
  • ロンドン聖書大学(London Bible College)上級講義 (1981年–1988年); 副校長(1983年–1988年)
  • オックスフォードのウィフリフ・ホールの校長。(1989年–1995年)

著作[編集]