リチャード・クック (ジャズ・ライター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リチャード・クックRichard David CookR. D. Cook1957年2月7日 - 2007年8月25日)は、イギリスジャズライター雑誌編集者。それより前はレコード会社の役員をしていた。

来歴[編集]

サリー州キュー生まれ、長じてからはウエスト・ロンドンに住む。版を重ねて出版されている『The Penguin Guide to Jazz on CD』をブライアン・モートンと共著。『Richard Cook's Jazz Companion』『It's About That Time: Miles Davis On and Off the Record』は2005年に出版された。

1970年代終わり頃から亡くなるまで、彼は音楽ライターとして活動した。NMEの主要な寄稿者で、The Sunday Timesにジャズの批評を書き、近々ではNew Statesman誌にも記事を書いた。Wire誌がジャズについての中心的な雑誌だった頃、クックはその編集者だった(もっとも、クックの編集者時代の終わりに向かっていくにしたがって、Wire誌はその扱う領域をジャズに限らず広げていったのだが)。また彼は、1998年の創刊の時から、ジャズ・レビュー誌を編集した。ジャズ・レビュー誌は、クックが持っていたインスピレーションや方向性を持ったまま続いている。またクックは、BBCや地元のローカルラジオ局GLRにジャズの番組を持った。

リチャード・クックは以前、ポリグラムのUKジャズ・カタログのマネージャーをしていた。また、トランペット奏者Guy Barkerのレコードのプロデュースをした。ポリグラムで仕事をしている間に、古いブリティッシュ・ジャズアルバムの復刻シリーズ Redial を創始(シリーズとしては短命に終わっている)。2002年、アメリカのアバンギャルド・ピアニストセシル・テイラー1990年の録音を10枚組CDのリミテッド・エディッション『2Ts for a Lovely T』としてCodanzaレーベルで発売したときの責任者だった。

2007年8月25日、ロンドンで、ガンで亡くなった。50歳であった。

著書[編集]

  • 『ブルーノート・レコード ― 史上最強のジャズ・レーベルの物語』 著:リチャード・クック 訳:前野律 監修:行方均 朝日文庫 2002年 ISBN 4-02-261394-7
  • 『The Penguin Guide to Jazz Recordings: Ninth Edition(ペーパーバック)』 Richard Cook, Brian Morton, Penguin (Non-Classics), 2008, ISBN 978-0141034010
  • 『The Penguin Jazz Companion: an A-Z of Players(ペーパーバック)』 Richard Cook, Penguin Books Ltd, 2008, ISBN 978-0140515107
  • 『It's About That Time: Miles Davis On and Off Record(ハードカバー)』 Richard Cook, Oxford Univ Pr (T), 2007, ISBN 978-0195322668

外部リンク[編集]