ラ・イェグアダ山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラ・イェグアダ山
ラ・イェグアダ山
1994年のラ・イェグアダ山(前景)、ラ・イェグアダ湖も見える。
標高 1,297 m
所在地 パナマの旗 パナマ
ベラグアス県
位置 北緯8度28分12秒
西経80度49分12秒
座標: 北緯8度28分12秒 西経80度49分12秒
山系 タバサラ山脈(Serranía de Tabasará)
種類 成層火山
最新噴火 1620 ± 100 年
ラ・イェグアダ山の位置
ラ・イェグアダ山
ラ・イェグアダ山の位置(パナマ
ラ・イェグアダ山の位置
ラ・イェグアダ山
ラ・イェグアダ山の位置(北アメリカ
テンプレートを表示

ラ・イェグアダ山(ラ・イェグアダさん、スペイン語: La Yeguada, またはチトラ-カロブレ山スペイン語: Chitra-Calobre)はアスエロ半島英語版の北、パナマベラグアス県に位置する大規模な火山岩体の山である。

探索[編集]

一帯は数人のパナマの冒険家やフィリバスターによって探査され、山脈が火山の本元ではなくてカルデラであることが発見された。地域はまたいくつかの種類の樹木の原産地であり、主にグアヤカネスはアスエロ半島の地域で現在最も豊富な樹木の一種である。谷はまたラ・イェグアダ湖が動植物の乾燥による脱水を防ぐ自然な灌漑システムとして使用されて以来、農地や牧草地となっている。[要出典]

谷の森はパナマのの木材の多くを生産する場所である。

参考文献[編集]

関連項目[編集]