ララ・ムスタファ・パシャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Lala Kara Mustafa Pasha, (c. 1500-1580)

ララ・ムスタファ・パシャ(Lala Kara Mustafa Paşa, 1500年 - 1580年)はオスマン帝国の軍人。ムラト3世の時代には、ごく短い間ながら大宰相首相)も務めた。

履歴[編集]

1500年ボスニア出身。

1565年マルタ大包囲戦に指揮官の一人として参加。

1571年には総大将としてキプロスを攻略した。

1578年ララ・ムスタファ・パシャのコーカサス戦争英語版

1580年4月、大宰相に任じられたが、同年8月に没した。

人物[編集]

なお、“ララ”とは家庭教師の意であり、実際スルタンの息子の家庭教師も務めていた。ララ・ムスタファは敵に対する苛烈さで知られ、キプロス陥落の際にはヴェネツィア側の守将だったマルコ・アントニオ・ブラガディンの生皮を剥いで惨殺、死体を晒しものにしたという。

北キプロスガズィマウサに、彼の名前にちなんだラーラ・ムスタファ・パシャ・モスクがある。