ラナ・バハドゥール・シャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラナ・バハドゥール・シャー(Rana Bahadur Shah 1775年5月25日 - 1806年4月25日)はネパール国王第3代(シャー王朝)。

1777年、父王・プラタープ・シンハ・シャーの崩御に伴い、2歳で即位。母親・ラジェンダ・ラクシュミ皇太后が摂政を務めるが、1785年に死去。その後、伯父(叔父?)バハドゥール・シャーが摂政となる。この期間、ガーワル地方、クマオン地方を征服し、領土を拡大した。

1799年、幼い息子のギルバン・ユッダ・ビクラム・シャーに位を譲り、禁欲主義者となる。

1806年、義兄弟のシェール・バハドゥールに刺殺される。