ラウタロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラウタロ

ラウタロ(Lautaro1534年?- 1557年4月29日)はマプチェ族の軍事指導者であり、アラウコ戦争においてスペイン人と戦った主要な人物である。

チリの征服を進めていた征服者ペドロ・デ・バルディビアの捕虜になり、馬丁を務めていたものの、隙を見て脱走するとマプチェ族を糾合し、スペイン人との戦いを指導した。チリに建設されたいくつものスペインの植民都市を破壊し、1552年にはトゥカペルの戦い英語版でバルディビアを打ち破って捕虜にし、拷問にかけて殺害した。1557年、ラウタロはマタキートの戦い英語版で戦死し、首は見せしめとしてサンティアゴで晒し物にされた。その後、カウポリカン英語版らの優秀な指導者によってアラウコ戦争は継続されることとなった。

関連項目[編集]