ヨーゼフ・クラウスナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨーゼフ・クラウスナー

ヨーゼフ・クラウスナーJoseph Klausner, 1874年8月15日 - 1958年10月27日)はポーランドリトアニア)生まれのユダヤ教徒宗教学者。

生涯[編集]

リトアニアで生まれ、後に家族でオデッサに移住し、そこで教育を受ける。ハイデルベルク大学で学び、1904年から1919年までオデッサ大学に勤務。

1912年にはじめてパレスチナを訪問し、1919年にその地に移住。1925年以来ヘブライ大学の教授。 ユダヤ教徒の立場からのキリスト教研究を、ヘブライ語の著作で行った研究者である。1958年、イスラエル賞受賞。

なお、クラウスナー家はリトアニアとウクライナに下地を持ち、アモス・オズは親戚(同じクラウスナー家)である。

主な著作[編集]

  • "Jeschu haNozri"(ナザレのイエス)(1922年
  • イエスからパウロへ(1939年