ヨゼフ・アルバース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヨゼフ・アルバース(Josef Albers, 1888年3月19日 - 1976年3月25日)は、ドイツ出身で、のちアメリカに移住した美術家。ヨーゼフ・アルバース、ヨゼフ・アルベルス、ヨーゼフ・アルベルス、ジョセフ・アルバース(英語読み)などと記載されることもある。

バウハウスに学び、卒業後は、バウハウスにて教鞭をとる。

1933年のバウハウスの閉鎖に伴い、アメリカに移住。アメリカにおいては、ブラック・マウンテン・カレッジ英語版(多くのアメリカの現代美術家がこの大学を卒業したことで知られる)やイエール大学などで美術教育を継続し。バウハウス的な教育理念をアメリカにもたらした。アメリカでの教え子の中には、ロバート・ラウシェンバーグやサイ・トゥオンブリなどがいる。

色彩と形態の関係について研究を深め、学生たちを指導した。一方、実作品としては、複数の正方形を規則正しく配置したような、シンプルな構成の抽象画が有名である。

関連する展覧会[編集]

参考文献[編集]

  • 色彩構成 配色による創造、ジョセフ・アルバース著、白石和也訳、ダヴィッド社、1972年
  • ジョセフ・アルバースの視覚世界 直線のみで、ジョセフ・アルバース図像構成・詩文、フランソワ・ブシェ(Francois Bucher)解説・分析、首藤順蔵訳、玉川大学出版部、1988年
  • アルバースのメソード展 : いろとかたちの研究、北上あつ子編、新潟市美術館、2002年