ユーリウス・パウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ユーリウス・パウルス(Julius Paulus)は、3世紀法学者。その生涯の詳細は定かでない。著書に抽象度の高い綱要である『断案録』(Sententiae)、実務上の難問を扱う『解答録』(Responsa)がある。

426年テオドシウス2世ウァレンティニアヌス3世引用法によって特別な権威とされた5名の法学者(ガーイウスウルピアーヌスアエミリウス・パーピニアーヌスモデスティーヌス)と並ぶ1人とされている。

参考文献[編集]

  • ウルリッヒ・マンテ著・田中実瀧澤栄治訳『ローマ法の歴史』(ミネルヴァ書房)

関連項目[編集]