ユードルフォの秘密

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ユードルフォの秘密』(ユードルフォのひみつ、The Mysteries of Udolpho)は1794年に出版されたアン・ラドクリフの長編小説。

概要[編集]

1584年フランスガスコーニュ地方、ガロンヌを舞台に話は始まる。母親の死後にエミリーと父親は地中海へ向けて旅行する。彼女はそこでヴァランコートという若い男性と知り合い恋に落ちる。その後父親は死亡、孤児となったエミリーはおばの所に預けられるが、恋仲にあった二人の仲を義理のおじモントーニ伯爵が無理矢理引き裂いて、エミリーをユードルフォ城に監禁してしまった。そのカラクリ屋敷で彼女は様々な奇怪現象に襲われる。その後に逃亡してかつての恋人と再会し、結婚する。因みにジェーン・オースティンはこの作品を参考に『ノーサンガー僧院』を書いた。

登場人物[編集]

  • エミリー Emily St. Aubert
  • ヴァランコート Valancourt エミリーの恋人。後に結婚する。
  • クスネル氏 M. Quesnel  エミリーの母親の兄弟で、妻はイタリア人。
  • モントーニ伯爵 Count Montoni エミリーのおじ。彼女をユードルフォ城に監禁する。