ヤン・ユリウス・ローデウェイク・ドイフェンダック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
JJL Duyvendak.jpg

ヤン・ユリウス・ローデウェイク・ドイフェンダック(Jan Julius Lodewijk Duyvendak, 1889年 - 1954年)は、オランダ中国学者商君書の翻訳および老子道徳経の研究で知られる[1]

生涯[編集]

1910年よりライデン大学で中国語を学び、1912年から1918年まで北京のオランダ公使館で研修通訳官を務めた[2]。1919年にライデン大学講師に就き、1930年に中国語の教授に任命された。教授就任に先立って1928年3月に修士課程と博士課程を卒業し、同年12月に博士論文『商君書、法家の古典的文献』[# 1]を発表[2]

著作物[編集]

  • The Book of Lord Shang, Chicago: University of Chicago Press, 1928
  • Tao Te Ching, The Book of the Way and Its Virtue, London: John Murray, 1954

注釈[編集]

  1. ^ The Book of Load Shang. A classic of the Chinese school of law.

出典[編集]

  1. ^ Demiéville, Paul (1954). “J.J.L. Duyvendak (1889-1954)”. T'oung Pao 43. 
  2. ^ a b Boot, W.J.「ライデンにおける東アジア研究の由来と発展、1830-1945」、『東アジア文化交渉研究』別冊4号、関西大学、 56-58頁。