ヤン・フジェベイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤン・フジェベイク
Jan Hřebejk
Jan Hřebejk
生年月日 1967年6月27日(47歳)
出生地 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキアプラハ
職業 映画監督脚本家
主な作品
『この素晴らしき世界』(2000年)

ヤン・フジェベイク(Jan Hřebejk、1967年6月27日 - )は、チェコ映画監督脚本家。主な作品は、監督および脚本を務めた2000年の映画『この素晴らしき世界』など。同作は、チェコの映画賞であるチェコ・ライオン賞の作品賞・監督賞・脚本賞を受賞したほか、アメリカ合衆国の映画賞である第73回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされるなどした[1]

フィルモグラフィ[編集]

  • Šakalí léta (1993年、監督・脚本)
  • Pelíšky (1999年、監督)
  • 『この素晴らしき世界』 - Musíme si pomáhat (2000年、監督・脚本)
  • Horem pádem (2004年、監督・脚本)
  • Kráska v nesnázích (2006年、監督)
  • Nestyda (2008年、監督・脚本)
  • 『川崎ローズ』 - Kawasakiho růže (2009年、監督)
  • 『幸福の罪』 - Nevinnost (2011年、監督)
  • Odpad město smrt (2012年、監督)
  • Líbánky (2013年、監督)

脚注[編集]

  1. ^ The 73rd Academy Awards (2001) Nominees and Winners”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. 2013年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月4日閲覧。

外部リンク[編集]