モーリス・ジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モーリス・ジー(Maurice Gee、1931年[1] - )は、ニュージーランドの小説家。ファカタネ(en:Whakatane)生まれ[1]。1978年度ジェイムズ・テイト・ブラック記念賞en:James Tait Black Memorial Prize)を『プラム』"Plumb"で受賞した。

経歴[編集]

彼はオークランドの郊外、ヘンダーソンで育てられた。この場所のことは、いくつかの彼の作品中に反映されている。[1][2]

オークランド大学文学部を卒業。その後、教師・図書館司書などの職の傍ら主に短編を執筆する。1976年からは専業作家になり、長編を多く書くようになる。

モーリス・ジーは、ニュージーランド合理主義者・人道主義者協会(en:New Zealand Association of Rationalists and Humanists)の名誉準会員である[3]

彼は既婚で、子供が三人いる。そのうち一人、エミリー・ジー(Emily Gee)も作家である。

作品[編集]

小説[編集]

  • The Big Season. London: Hutchinson, 1962. London: Arrow, 1964. Wellington: Allen & Unwin, 1985. [4].
  • A Special Flower. London: Hutchinson, 1965.
  • en:In My Father's Den. London: Faber, 1972. Auckland: Oxford UP, 1978.
  • A Glorious Morning, Comrade. Auckland: Auckland UP and Oxford UP, 1975.
  • Games of Choice. London: Faber, 1976. Auckland: Oxford UP, 1978.
  • Under the Mountain. Wellington: Oxford UP, 1979. [4]
  • The World Around the Corner. Wellington: Oxford UP, 1980.
  • Plumb. London: Faber, 1981. [4]
    • 『プラム - ある家族の愛と憎しみ』(百々佑利子訳、サイマル出版会、1987年)
  • Meg. London: Faber, 1981. New York: St. Martin's Press, 1982. Auckland: Penguin [4]
    • (『プラム』の続編)
  • The Halfmen of O. Auckland: Oxford UP, 1982. Harmondsworth: Puffin, 1986.
    • 『惑星O(オー)の冒険』(百々佑利子訳、岩崎書店、1984年)
  • Sole Survivor. London: Faber, 1983. New York: St. Martin's Press, 1983. Auckland: Penguin, 1983. [4]
    • (『プラム』、"Meg"の続編。三部作完結編)
  • The Priests of Ferris. Auckland: Oxford UP, 1984.
    • (『惑星Oの冒険』の続編)
  • Motherstone. Auckland: Oxford UP, 1985.
    • (『惑星Oの冒険』、"The Priest of Ferris"の続編。三部作完結編)
  • The Fire-Raiser. Auckland: Puffin, 1986.
  • Collected Stories. Auckland: Penguin, 1986. New York: Penguin, 1987.
  • Prowlers. London and Boston: Faber, 1987.
  • The Champion. Auckland : Puffin, 1989; New York: Simon & Schuster, 1993.
  • The Burning Boy. London : Faber, 1990, 1992; Auckland : Viking, 1990.
  • Going West. Auckland : Viking, 1992; London: Faber, 1992; Auckland: Penguin, 2000.
  • Crime Story.Auckland : Penguin Books, 1994; Auckland: Viking, 1994; London: Faber, 1995.
  • The Fat Man. Auckland : Viking, 1994; Auckland: Puffin, 2000.
  • Plumb Trilogy. Auckland: Penguin, 1995.
  • Loving Ways. Auckland : Penguin, 1996.
  • Live Bodies. Auckland : Penguin, 1998; London: Faber, 1998; Scheuring: Black Ink, 2002 (German edition).
  • Orchard Street. Auckland : Viking, 1998.
  • Hostel Girl. Auckland : Puffin, 1999.
  • Ellie and the Shadow Man. Auckland: Penguin, 2001.
  • The Scournful Moon. Auckland: Penguin, 2003.
  • Blindsight, Auckland: Penguin, 2005

映像化[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Maurice Gee bio for Arts Foundation of New Zealand. Retrieved February 7 2007.
  2. ^ Maurice Gee bio for New Zealand Book Council. Retrieved February 7 2007.
  3. ^ NZARH Honorary Associates, New Zealand Association of Rationalists and Humanists. Retrieved February 7 2007.
  4. ^ a b c d e Maurice Gee bio listed by the Arts Foundation of New Zealand. Retrieved July 23 2007

参考資料[編集]

英語版から日本語版への翻訳および加筆にあたっては以下の二冊を参考・ソースにした。

  • 『惑星Oの冒険』1987年第二刷(百々佑利子による「訳者あとがき」)
  • 『プラム』1987年5月(巻末「著者紹介欄」、百々佑利子による「訳者まえがき」)

外部リンク[編集]