モルデカイ・リンカーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モルデカイ・リンカーン (Mordecai Lincoln、1771年 - 1830年)は元アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リンカーンの大叔父。

ケンタッキー州スプリングフィールドの自宅モルデカイ・リンカーン邸は現在アメリカ合衆国国家歴史登録財となっている。

経歴[編集]

エイブラハム・リンカーンとバテシバ・ヘリング(1742-1836)の長男として、1771年にオーガスタ郡(現ロッキンガム郡)で生まれた。父は祖父のジョン・リンカーンからバージニア州の一等地210エーカーを貰い、西バージニア(現ケンタッキー州)に引っ越すため、1782年に売却した。親戚のダニエル・ブーンからケンタッキー州の一等地5544エーカーを取得した。[1][2][3][4]ジョサイア・リンカーン、トーマス・リンカーン、ナンシー・リンカーン・ブルームフィールド、メアリー・リンカーン・クルームという兄弟がいた[5]

家族でルイビルから約32キロのジェファーソン郡に定住した。その地域はまだオハイオ川流域のインディアンと係争中の地域であった。入植者は、安全の為、辺境の砦の近くに住み、襲撃に備えた。父はFloyd's ForkのHughes' Station近郊に住み、開拓を行い、トウモロコシを植えて、小屋を建てた。[6][7]

1786年5月、父エイブラハム·リンカーンと畑仕事中、父がインディアンに襲撃され、死亡した。[2][6][8]そのため、生涯インディアンに対する憎悪と復讐心を持ち続けた。[9][10]

すぐに家族でケンタッキー州ワシントン郡(スプリングフィールド近郊)に引っ越した。父の死により、長男として長子相続の制により、土地や財産を受け継いだ。当時の慣例で、弟たちに遺産配分はなく、自ら生計を立てねば、ならなかった。[2][6][11]

1934年、リンカーンホームステッド州立公園にバテシバが5人の子供を育てた家のレプリカが建てられた。[5]

成人[編集]

1792年、ルーク・マッドの娘メアリー・マッドと結婚した。[4][12][nb 1] 1797年1月、1780年に父が購入し、その後相続したジェファーソン郡の400エーカーの土地を400ポンドで売却した。4ヵ月後、[12] スプリングフィールドの土地300エーカーを、ケンタッキー州で初めて長老派牧師テラ・テンプリンから100ポンドで購入した。26歳の時、リンカーンホームステッドと呼ばれる2階建ての小屋を建設した。この小屋は1810年から1815年の間に増築し、後に所有することとなったウィルフレッド・ヘイデンによって、フェデラル様式に改築された。この小屋は現在も元々の場所に立っている。[13][14][15][16]

6人の子供がいた。全員ケンタッキー州ワシントン郡生まれである。[12]3人の息子には、アブラハム、ヤコブ、モルデカイと命名した。[4][17]

友人のリチャード・ベリー、弟トーマス・リンカーンの近所に住んでいた。[18]1802年、300エーカーのうち200エーカーと家を売却し、 1806年には残り100エーカーを売却した。[19][nb 2]競走馬を飼育していた。 [20]

1810年までに400エーカー以上を所有し、1811年にワシントン州からグレイソン郡に引っ越した。1828年春、イリノイ州ハンコック郡Fountain Park (Fountain Green)に引っ越した。[4][12][nb 3]1830年12月、3日間の吹雪により、Fountain Greenで死亡した。馬は嵐の中、引き返したが、20フィートまで降り積もった雪により、彼自身の遺体は4月まで発見されなかった。モルデカイの死後、妻メアリーは死ぬまで息子モルデカイと住んでいた。[4][12][21][22][nb 4]Fountain Green近郊の旧カトリックまたはリンカーン墓地に埋葬されている。

モルデカイは知性、常識、寛大さと口承文学のために知られていた。[23]

エイブラハム・リンカーンとの関係[編集]

リンカーン大統領は、伯父について、"Uncle Mord had run off with all the talents of the family."と述べている。[2]

エイブラハム同様、モルデカイ一家も "the Lincoln horrors."と呼ばれる鬱病になりやすかった。[21]

脚注[編集]

  1. ^ Mary Mudd was a first cousin twice removed of Dr. Samuel A. Mudd, tried as a co-conspiritor of the murder of Abraham Lincoln.[12]
  2. ^ The National Register of Historic Places nomination form for the Mordecai Lincoln House in Springfield, Kentucky states contradictory information about Mordecai living next to the Berrys when his brother was married in 1806. The NRHP form states that Mordecai sold his house and 200 of his 300 acres in 1802 (5 years after the purchase) and removed to the 130 acre homestead farm. It does say that although he paid taxes for the homestead farm for 18 years, he never received the title for the property from General Matthew Walton.[12]
  3. ^ Alternately, they may have moved to Illinois in 1829.
  4. ^ This is some confusion about whether Mordecai was visiting Illinois or came to live in Illinois. Based upon a letter from Abraham Lincoln about his uncle, Mordecai moved to Illinois in 1829 and died their the following year.[22]

参考文献[編集]

  1. ^ Thomas Lincoln - Lincoln Boyhood National Memorial”. National Park Service. 2013年3月21日閲覧。
  2. ^ a b c d David Herbert Donald (2011). Lincoln. Simon and Schuster. pp. 20–21. ISBN 1439126283. 
  3. ^ Harrison, John Houston. Settlers By the Long Grey Trail. Dayton VA: 1935, pp 286, 350.
  4. ^ a b c d e Susan Sessions Rugh (2001). Our Common Country: Family Farming, Culture, and Community in the Nineteenth-Century Midwest. Indiana University Press. pp. 11–12. ISBN 0253339103. 
  5. ^ a b Mordecai Lincoln House National Register of Historic Places Nomination Form (Information about the condition of the property is prior to 2009 renovation)”. United States Department of Interior, National Park Service - Form posted on Go Historic site. p. 7. 2013年3月22日閲覧。
  6. ^ a b c Wayland, John W (1987 reprint). The Lincolns in Virginia. Harrisonburg VA: C.J. Carrier. pp. 24–57. 
  7. ^ Tarbell, Ida M. (1896) (Google books full text). The Early Life of Abraham Lincoln. New York: S. S. McClure Ltd.. pp. 24, 27, 29. http://books.google.com/books?id=qBXkVK-xsaoC. 
  8. ^ Lea, J. Henry; Hutchinson, John R. (1909). The Ancestry of Abraham Lincoln. (Google book full text). Boston: Houghton Mifflin. pp. 63–64, 68–72, 76–77, 82–83. 
  9. ^ William Henry Herndon, Jesse William Weik (1921). Herndon's Lincoln: The True Story of a Great Life ... The History and Personal Recollections of Abraham Lincoln, Volume 1. Herndon's Lincoln Publishing Company. pp. 9–10. 
  10. ^ Isaac N. Arnold (2008 (reprint)). The Life Of Abraham Lincoln. Digital Scanning Inc.. pp. 16. ISBN 1582187592. 
  11. ^ W H Lamon. The Life of Abraham Lincoln: From His Birth to His Inauguration As President. 2008: Applewood Books. pp. 7–8. ISBN 1429016264. 
  12. ^ a b c d e f g Mordecai Lincoln House National Register of Historic Places Nomination Form (Information about the condition of the property is prior to 2009 renovation)”. United States Department of Interior, National Park Service - Form posted on Go Historic site. p. 5. 2013年3月22日閲覧。
  13. ^ Mordecai Lincoln House National Register of Historic Places Nomination Form (Information about the condition of the property is prior to 2009 renovation)”. United States Department of Interior, National Park Service - Form posted on Go Historic site. 2013年3月22日閲覧。
  14. ^ Springfield, Kentucky History”. Springfield Tourism Commission. 2013年3月21日閲覧。
  15. ^ Lincoln Homestead State Park”. StateParks. 2013年3月21日閲覧。
  16. ^ Don Davenport (2002). In Lincoln's Footsteps: A Historical Guide to the Lincoln Sites in Illinois, Indiana, and Kentucky. Big Earth Publishing. pp. 8. ISBN 193159905X. 
  17. ^ Tarbell, Ida M. (1896) (Google books full text). The Early Life of Abraham Lincoln. New York: S. S. McClure Ltd.. p. 223. http://books.google.com/books?id=qBXkVK-xsaoC. 
  18. ^ Ida Minerva Tarbell (1900). The Life of Abraham Lincoln, Volume 1. Doubleday & McClure Company. pp. 8. 
  19. ^ Mordecai Lincoln House National Register of Historic Places Nomination Form (Information about the condition of the property is prior to 2009 renovation)”. United States Department of Interior, National Park Service - Form posted on Go Historic site. pp. 5, 6. 2013年3月22日閲覧。
  20. ^ James F. Simon (2007). Lincoln and Chief Justice Taney: Slavery, Secession, and the President's War Powers. Simon and Schuster. pp. 46. ISBN 0743250338. 
  21. ^ a b Henry Ford (book) William E. Barton (article) (2003). Why Lincoln was Sad. Dearborn Independent Magazine June 1926-September 1926. Kessinger Publishing. ISBN 0766159922. 
  22. ^ a b Abraham Lincoln, John Hay (1907). John George Nicolay. ed. Abraham Lincoln: Complete Works, Comprising His Speeches, Letters, State Papers, and Miscellaneous Writings, Volume 1. Century Company. pp. 117. 
  23. ^ Allen C. Guelzo (1999). Abraham Lincoln: Redeemer President. Wm. B. Eerdmans Publishing. pp. 28. ISBN 0802842933. 

外部リンク[編集]