モハメド・ラフマト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モハメド・ラフマトMohamed Rahmat1938年1月4日 - 2010年1月1日)は、マレーシア政治家。長男のヌル・ジャズラン・モハメド(Nur Jazlan Mohamed)も下院議員[1]

フセイン・オン首相の元1978年から1982年までの間、情報大臣を務めていた。次のマハティール・ビン・モハマド首相の下でも1987年から1999年までの間情報大臣を務めている。1982年から1984年までの間はマレーシアのインドネシア大使も兼任していた。1988年から1996年までは与党の統一マレー国民組織の事務総長を務め、1988年から1999年までは国民戦線の事務総長を務めた[1]

2010年1月1日、午前8時ごろに彼の妻が起こそうとしたところ亡くなっていた。71歳だった。彼は生前腎臓病を10年間にわたり患っており、人工透析を受けていたという[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “Tok Mat dies”. NST Online. (2009年1月15日). http://www.nst.com.my/Current_News/NST/articles/20100101110155/Article/index_html 2010年1月1日閲覧。