メチダチオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メチダチオン
Methidathion[1]
識別情報
CAS登録番号 950-37-8 チェック
PubChem 13709
ChemSpider 13115 チェック
KEGG C14431
ChEBI CHEBI:34837 ×
ChEMBL CHEMBL226651 チェック
特性
化学式 C6H11N2O4PS3
モル質量 302.331
外観 無色の結晶
融点

39℃

への溶解度 0.0187g/100ml(20℃)
危険性
引火点 100℃
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

メチダチオン: Methidathion)は 有機リン殺虫剤の一種。DMTPとも略記される。

用途[編集]

スイスのチバガイギーが開発した農薬で、商品名は「スプラサイド」。野菜のアブラムシコナジラミ、果樹・茶・花卉のカイガラムシに有効である。日本では1967年11月14日に農薬登録を受け、1999年には原体301トンが輸入されて単剤764トンが生産された[2]

安全性[編集]

日本の毒物及び劇物取締法上の劇物に該当する。人体に対しては、縮瞳や胸部圧迫感など有機リン化合物特有の中毒症状が生じる。一日許容摂取量(ADI)は、0.0015mg/kg/日[2]

参考文献[編集]

  • 植村振作・河村宏・辻万千子・冨田重行・前田静夫著 『農薬毒性の事典 改訂版』 三省堂、2002年ISBN 978-4385356044

脚注[編集]

  1. ^ 国際化学物質安全性カード国立医薬品食品衛生研究所
  2. ^ a b 『農薬毒性の事典 改訂版』p272

外部リンク[編集]