メスカルティタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メスカルティタン(Mexcaltitán) はメキシコ合衆国ナヤリット州に浮かぶ人工島の小都市である。 州都サンティアゴ・イスクイントラから約36km北西に所在する。

アステカ神話上の故郷の地、アストランであったとされる(諸説あり)。

1091年、アステカ族はウィツィロポチトリの神託を受け、メスカルティタンを出て理想郷を探す長い旅に出る。 そしてついに辿りついた湖の島に1325年に建設されたのがテノチティトランであり、1521年コンキスタドールの侵略を受けてメキシコシティとなった。

現在のメスカルティタンは人口895人(2005年)。

観光地として栄えており、2001年にはプエブロ・マヒコに真っ先に選出された。

近隣のラ・バタンガから6km、エル・マタデロから2kmの位置にあり、いずれの町からも船でアクセスできる。

外部リンク[編集]