ムテバ・キディアバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロベール・キディアバ Football pictogram.svg
200sx
名前
本名 ロベール・ムテバ・キディアバ
ラテン文字 Muteba KIDIABA
基本情報
国籍 コンゴ民主共和国の旗 コンゴ民主共和国
生年月日 1976年2月1日(38歳)[1]
出身地 ザイールの旗 ザイール・キプシ
身長 181cm
選手情報
在籍チーム コンゴ民主共和国の旗 TPマゼンベ
ポジション GK
背番号 1
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001 コンゴ民主共和国の旗 サンリュック
2002- コンゴ民主共和国の旗 マゼンベ 368 (0)
代表歴2
2002-2015 コンゴ民主共和国の旗 コンゴ民主共和国 41 (0[2])
1. 国内リーグ戦に限る。2013年1月20日現在。
2. 2013年6月16日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ロベール・ムテバ・キディアバRobert Muteba Kidiaba, 1976年2月1日 - )は、コンゴ民主共和国出身のサッカー選手。

来歴[編集]

2002年のプロデビュー以来、全てのキャリアを国内の強豪・TPマゼンベで過ごしており、コンゴ民主共和国代表にも選出されている。

ずっとアフリカ国内でプレーしてきたため国際的には無名の選手だったが、2009年に、CAFチャンピオンズリーグを制したマゼンベの一員としてFIFAクラブワールドカップ2009に出場。個性的な風貌とたびたび見せる派手なファインセーブ、味方がゴールを決めた際に見せる、尻でピッチを飛び跳ねるパフォーマンスで一躍注目を浴びた[3]。しかしチームは大会2連敗を喫して6位に終わり、特に5位決定戦の対オークランド・シティFC戦では、前半24分で退場処分を受けてしまった。

翌年のFIFAクラブワールドカップ2010にも2年連続のアフリカ王者として出場。好セーブを連発して、マゼンベに南米代表のSCインテルナシオナルを破る大金星をもたらし、アフリカ勢初の決勝進出の原動力となった。

2014年12月6日、アフリカネイションズカップ2015後に代表から引退することを表明した[4]

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ムテバ・キディアバ - FIFA主催大会成績
  2. ^ ムテバ・キディアバ - National-Football-Teams.com
  3. ^ トヨタクラブW杯 マゼンベのGKキディアバ、準決勝で美技連発”. 毎日jp (2010年12月16日). 2012年7月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月21日閲覧。
  4. ^ 尻ダンスでお馴染みのキディアバ、代表引退を発表”. Qoly (2014年12月6日). 2014年12月7日閲覧。