ムッフシン=アル・ラムリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ムッフシン=アル・ラムリ:(Muhsin Al-Ramli محسن الرملي) 小説家詩人翻訳家学者アラビア語スペイン語の著書を持つ。1967年イラクで生まれ、1995年以来、スペインに在住。哲学と文学博士、スペイン語語学専攻。マドリード2003年オートノマ大学、論文のテーマ:『ドン・キホーテ』のイスラーム文化の足跡。文化雑誌ALWAHの共編。マドリードのセントルイス大学の教授。

いくつかスペイン語の古典をアラビア語に翻訳。

ムッフシン=アル・ラムリMuhsin Al-Ramli

主な著作[編集]

小説[編集]

  • 来世紀からの贈り物(短編集)、1995年。
  • チグリス川より遠し紙(短編集)、1998年。
  • 散在パン粉(長編)1999年、英語版はアーカンソー賞受賞(アメリカ)、2002年。
  • 日付の指(長編)、2008年、2010年アラブ小説賞のファイナリスト(ブッカー)。

その他[編集]

  • 生きる心を探して(戯曲)、1997年。
  • 楽しき夜の爆撃(物語)、2003年。
  • 我々はすべての答えのやもめ(詩)、2005年。

外部リンク[編集]