ミシェル・ド・セルトー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミシェル・ド・セルトーMichel de Certeau, 1925年 - 1986年1月9日)は、フランス歴史家、社会理論家、哲学者サヴォワ県に生まれ、1950年イエズス会士に、1986年に他界するまでカトリック教会司祭を務めた。パリ・カトリック学院、パリ第7大学パリ第8大学で教えたのち、カリフォルニア大学サンディエゴ校教授、パリ社会科学高等研究学院教授を歴任。1986年パリで没する。

思想[編集]

ジークムント・フロイトの流れを汲む精神分析を摂取しつつ宗教史、特に神秘主義的キリスト教の研究から出発した。正統的な歴史から排除されてきた民衆文化を動的な日常的実践の中で捉えようと努めた。

代表著作[編集]

  • La Culture au Pluriel. Union Générale d'Editions,1974.
  • L'Ecriture de l'Histoire. Editions Gallimard. 1975.
  • La Fable Mystique. vol. 1, XVIe-XVIIe Siècle. Editions Gallimard. 1982.
  • La Faiblesse de Croire. Edited by Luce Giard. Seuil. 1987.
  • L'Invention du Quotidien. Vol. 1, Arts de Faire. Union générale d'éditions 10-18. 1980.
  • With Dominique Julia and Jacques Revel. Une Politique de la Langue : La Révolution Française et les Patois, l'enquête de Grégoire. Gallimard. 1975.
  • La Possession de Loudun. Gallimard. 1970.

邦訳[編集]

  • 『日常的実践のポイエティーク』(山田登世子訳、国文社、1987年)
  • 『ルーダンの憑依』(矢橋透訳、みすず書房、2008年)
  • 『歴史のエクリチュール』(佐藤和生訳、法政大学出版局、1996年)

関連項目[編集]